【独学でもOK?】動画クリエイタースクールを使うメリット・デメリットまとめ

 

動画クリエイタースクールを使うメリット

何から始めたらいいかわからない人でも順番に学べる

独学で動画編集を学ぼうとすると、編集している中でわからないことが出てきたら都度調べる、

というやり方になってしましますが、動画クリエイタースクールでは順番通り講座を受けることで、

スムーズに学ぶことができます。

 

独学で勉強すればお金はかからない!と思うかもしれませんが、

実は動画編集で稼ぐためには独学のほうが遠回りで時間がかかってしまう可能性があります。

 

スクールでは次は何を学べばいいか順番が決まっているので、

効率よく動画編集について学ぶことができます。

短時間で必要な知識を学べる

スクールを使うことで独学よりも短時間で必要な知識を学べます。

上記に書いた通りスクールでは学ぶ順番が決まっているので、

効率的に必要な知識を順番に学んでいけます。

 

独学だと作業中に調べて学んで・・・を繰り返し、

スクールよりも学習効率は悪いです。

自分で学習スケジュールや内容を決めてその通りきっちりできればいいですが、

そもそもどのように学べばいいかもわからない人がほとんどだと思います。

 

勉強の仕方や何を学ぶかについて調べている時間がもったいないです。

であればスクールを使って動画編集の学習だけに注力することが効率的です。

 

早く動画編集クリエイターとして活躍、稼げるようになりたいのであれば、

すでに活躍してるプロが作成したスクールのカリキュラムを使って、

短時間で学ぶのが効率的です。

独学ではわからない実践的なスキルが身につく

独学だと知らなかった、実はこんなやり方があった、

というように独学では学べなかったことがスクールでは学ぶことができます。

 

特に独学だと自己流の動画編集になってしまうので、

動画の良し悪しが自分基準になり、

動画のクオリティが一定ラインで止まってしまうかもしれません。

 

スクールの講師の多くは現役の動画クリエイターです。

仕事をしていく中で様々な表現方法をしているので、

学び始めたあなたよりも編集方法に詳しくて当然です。

 

独学だと自分で調べられる範囲でしかスキルが身につかないかもしれません。

わからないことはその道のプロに聞け、とも言いますが、

誰かに聞ける環境を得られるのもスクールのメリットです。

 

スクールに通うことで講座修了後に動画クリエイターとして活躍できる、

独学よりも効率的に、かつ実践的なスキルを学ぶことができます。

動画編集の表現方法が広がる

独学で動画を編集し、自分が見ていい動画ができた!と思っても、

動画を見た人が単調な編集でつまらないと思ってしまうかもしれません。

 

スクールを使うことで誰かに聞ける、また編集した動画について意見をもらうこともできます。

様々な動画編集の表現方法を知っている講師から意見をもらうことで、

動画編集の表現方法を広げることができます。

 

動画編集の表現方法が広がることでより質の良い動画を作成でき、

案件の獲得につながる可能性も高くなります。

先生や仲間と出会える

動画編集は孤独な作業です。

しかも独学だと動画について都度教えてくれる人もいなければ、

気軽に誰かに聞ける環境もありません。

 

スクールであればわからないことは先生に聞けますし、

作成した動画を添削してもらえます。

わからないことをすぐ解決できるので効率的に学習ができます。

 

また、スクールによってはオンラインサロンを運営しており、

そこで自分と同じように動画編集を学んでいる人と知り合うことで、

疑問点の解決や、モチベーションを保ちやすくなります。

 

サロンの知り合いから仕事を紹介してもらった、

という話も結構あり、なかなか案件が取れないうちは、

心強い味方になってくれるかもしれません。

 

自分と同じ仲間、そして先生と出会えることは、

動画編集を効率的に学ぶ、またモチベーション維持につながります。

仕事の取り方を教えてくれる

スクールによっては動画編集についての知識だけでなく、

講座修了後、実際に仕事・案件をどうやってとればいいかについても

教えてくれます。

 

独学だと仕事の取り方って・・・?

となるかもしれませんが、

スクールでは実際に仕事を取っている現役のクリエイターが、

どうやって仕事・案件を取ればいいかを教えてくれます。

 

もし、動画編集クリエイターとして収入を得たい、

独立・フリーランスとして働きたい!と考えているのであれば、

是非知りたいところですよね。

 

業界内でのマナーや稼ぐためのコツなど、

実務的な内容を教えてくれるのもスクールを使うメリットです。

 

スクールで稼ぐコツを教えてもらえれば、

講座費用も早いうちに回収できるでしょう。

仕事を紹介してくれる

仕事の取り方だけでなく、実際に仕事・案件をスクールが紹介してくれることもあります。

オンラインサロンなどで同じ仲間が案件を紹介してくれることもあります。

 

独学で自力で案件を取れるかと言われるとちょっと・・・

というかものすごい不安ですよね。

また、ちゃんと仕事があって収入をもらえるという安心感もあります。

 

  • 自分で仕事・案件を取る自信がない・・・
  • どうやって見つければわからない・・・

 

という人ほどスクールを使うのがおすすめです。

動画クリエイタースクールを使うデメリット

学費がかかる

独学と比べてお金がかかるのが最大のデメリットと言えます。

 

スクールによっては高額になることもあるので、

何を学んでどうなりたいかを明確にしたうえでスクールを選ばないと、

無駄にお金を払うことになりかねません。

スクールを使っても活躍できるかは自分次第

スクールを使ったからと言って必ず動画編集クリエイターになれる、

また活躍できるわけではありません。

 

結局は自分次第で独学でもスクールでも活躍できる人は活躍できますし、

活躍できない人は活躍できません。

ただ、スクールの講座を受けただけでは意味がないということです。

 

しかし独学よりもスクールのほうがモチベーション維持がしやすく、効率的に短時間で学びきれます。

モチベーション維持は動画編集クリエイターとして活躍できるかにはとても大切です。

 

スクールを使えばスキルが身についたり仕事を得られるようになる確率、効率は独学よりも上がりますが、

スクールを活かせるかどうかは自分次第になります。