【実体験】コミケで使えるレンズの焦点距離は?単焦点でも大丈夫?【50mmならいける】

ども!ぬえです!

コミケに持っていくレンズって悩みますよね?

 

特にカメラを始めたばかりの人だと、高いレンズも持ってないし、

安めの単焦点で挑戦してみたい!なんて考える人もいるのではないでしょうか?

 

今回筆者は50mmの単焦点1本で撮影に挑戦してきました。

その感想やら使用感やらをまとめていきます。

初心者カメコに伝えたい!コスプレイヤーさんを撮影するときのルール・ マナーまとめ

使用したレンズ

今回使用したのはソニー用EマウントレンズSEL50F18F。

焦点距離50mmの単焦点レンズです。

 

値段的にもレンズ界隈ではかなり安めの、いわゆる撒き餌レンズ、エントリーモデルのレンズです。

このレンズ1本で夏コミでレイヤーさんを撮影させてもらいました。

【初心者におすすめ】これからデビューするカメコにおすすめしたいカメラ・一眼レフまとめ

単焦点でもコミケで戦える?

結論から言うと戦えます。

50mmはいけますが、85mmはきついです。

 

50mmで撮影してみて、全身からバストアップまで問題なく撮影できます。

個別撮影なら足の踏み場のないレベルでぎゅうぎゅうでなければ多少距離を取ることもできるので、

単焦点でも十分撮影できます。

 

今回筆者は、屋上庭園、中庭、防災公園で撮影しました。

中庭は狭めなのでちょっときつめでしたが、

どの場所でもいい感じに撮影できました。

 

ただ、囲みはちょっときついです。

ズームできないので被写体が小さくなるし、構図はまず取れないし、

背景はあまりボケないしでいまいちな写真になるかも。。。

撮影の幅を広げたいならやっぱりズームレンズ

単焦点でも戦える、というおはなしをしてきましたが、

コミケは撮影環境がかなり限定的。

より撮影の幅を広げたいならやはりズームレンズのほうがおすすめです。

 

特に囲み撮影では単焦点はもはや戦力外レベル。

大きい囲みになればなるほど悲しいことになります。

 

レンズごとにカメラを用意できればいいに越したことはないですし、

本体何台も買うのはちょっと・・・と言う人もレンズを数本用意して撮影ごとに取り替えてもいいですが、

ぶっちゃけ人混みとバタバタ感でレンズを交換する暇がなかなかないです。

 

なにより重くて持ち歩きがしんどい。

夏コミの暑さだと重さで体力消耗して撮影回るのがしんどいと思います。

 

なによりレンズを何本も買うのはお金がかかります。

カメコ歴が浅くて装備にそんなお金かけられない!

と言う人はズームレンズ1本でも十分撮影できます。

 

レイヤーさんもお金をかけて衣装を用意してくれているのでカメコもそれなりの装備を整えたいところ。

しかし借金などして無理に装備を用意する必要はありません。

 

まずはズームレンズを優先して用意するようにするといいと思います。

おすすめは焦点距離24-105mmのズームレンズ

コミケで使いやすいレンズは焦点距離24-105mmくらいのレンズと言われます。

F値がF4.0なので背景がボケにくいですが、個別撮影から囲み撮影まで万能に対応できます。

(F値が小さい方が背景がボケる)

 

望遠が強すぎる白レンズなどは盗撮野郎と勘違いされるので注意。

まとめ

筆者もカメコになったばかりなので撮影にそこまで詳しいわけではありません。

これから勉強して学んだことをどんどん発信できればと思っています。

 

今回は調べてもいい答えが出てこなかったので実際に単焦点で撮影させてもらいましたが、

普通に単焦点でもコミケでレイヤーさんをうまく撮影できました。

(撮影した写真は筆者のTwitterにあります)

 

人物撮影は単焦点の85mmがさいつよ、と言われることが多いですが、

85mmは人混み的にも確保できる撮影距離的にも厳しいです。

50mmならいけますので、単焦点でコミケに挑みたい!と考えてる人は参考にしてみてくださいね。